インターネット普及前のFX

今ではインターネットでFX取引が気軽にできます。
でもそれ以前にもFX取引はあったわけで、
インターネットが多くの人に
利用される前はどういう方法で
FXが行われていたのかなと気になりました。

気になったので、調べてみました。

インターネット以外の方法では、
電話やファックスが使われていたみたいです。

まあ取引は電話やファックスでも良いとして、
値動きとかの情報はどうしていたのでしょう。

それこそ今は好きな時にインターネットを使って、
自分で調べることができます。

でもインターネットがない環境だと??
あ、売買を取り扱っている会社に聞いたりするわけですね。

そうですよね、インターネットがなくても
仲介してくれるところがないと、
売買できませんものね。

それにしてもリアルタイムで、
レートは見れないは深夜はどうするんだ!
などなど昔、取引してた人に一度、
聞いてみたいですね。
面白いこぼれ話が一杯ありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です