スプレッドは、FX会社によって違っています。

スプレッドとは通貨を売買するときの
売値と買値の差額ですが、
FX会社によってスプレッドを個々に設定していて、

ネットでも
「スプレッド比較ランキング」なんてサイトがあって、
FXの口座を開設するときには、
スプレッドの幅が狭いFX会社を選んだ方が、
自分に入ってくるお金は大きくなります。

FX会社としては、
スプレッドの幅を広げておいたほうが、
自分のところに残るお金が大きくなるのです。

ですからこれからFXを始める方としては、
一銭でもスプレッド幅が小さい会社を選んだ方が良いのです。

でも、スプレッド幅を固定にしているFX会社もあれば、
変動にしているケースもあるので、
FX会社選びのチェックポイントにしておいた方が良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です